買い替え時の不動産買取・売却のメリット

買い替えは、新しい住居の購入と古い住居の売却を
一緒に行う手続きです。
買い替えのときに古い住居を売却する方法には、
仲介による不動産売却と不動産買取の2種類の方法があります。
仲介による不動産売却と不動産買取にはそれぞれ異なるメリットがあるため、 計画に合わせて使い分けることが買い替え成功の鍵になるのです。
買い替えの知識として知っておきたい、
買い替えで不動産買取を利用するメリットについて解説します。

不動産買取

買い替えで使える2つの換金方法とは|札幌市の不動産買取

不動産の売却や購入の中でも買い替えとは、不要な不動産を売却するだけの方法ではなく、
必要な不動産を購入するだけの方法でもありません。 住み替える・・・つまり住居を替えるために、
ほぼ同じタイミングで計画的に不動産の売却と購入を行うことになるのです。

不動産の換金(売却)には2つの方法があります。
冒頭でお話した「仲介による不動産売却」と「不動産買取」です。
住み替えでは、仲介による不動産売却と不動産買取をニーズや計画に合わせて使い分けることが成功の鍵になります。

仲介による不動産売却は、不動産会社に仲介をお願いし、第三者に不動産を売却する方法です。
不動産買取は、不動産会社に不要な旧住居を買い取ってもらう方法になります。

買い替えのときに不動産買取を使うメリット|札幌市の不動産買取

1.買い替えの資金面での計画を立てやすい

不動産買取は旧住居を不動産会社に買い取ってもらうことにより換金する方法になります。
不動産会社が買主になりますので、第三者が買主になる仲介による不動産売却よりも現金化が早くなるのです。
買い替えでは不動産という高い買い物を売却と同時に行います。
不動産会社の不動産買取で迅速に現金化することで、資金面での買い替え計画が立てやすくなるのです。

2.買い替えのタイミングの計画が立てやすい

不動産買取は第三者である買主を見つける必要がないため、
現金化までの手続きがスピーディに進むという特徴があります。
第三者を見つけなければいけない仲介による不動産売却は、
買主が見つからないことにより買い替え計画が狂ってしまうかもしれません。
不動産買取の場合は、不動産会社が買主になるため、買い替えを計画に沿って進めやすいというメリットがあるのです。
不動産買取をベースに計画を立てることによって、買い替えを計画通りに行うことが可能になります。

最後に

買い替えは不動産の売買を同時に行います。
買い替えのときは仲介による不動産売却と不動産買取の2つの方法を使うことが可能です。
不動産買取は不動産会社が買主になるため予定を合わせやすく、現金化が早いため計画を練りやすいというメリットがあります。
仲介による不動産売却と不動産買取は、ニーズや計画に合わせて選択しましょう。

買い替え計画のご相談や不動産買取は、北欧開発にお任せください。


top戻る